中西 香住なかにし かすみ
総務社員

最初は「怖がらず、人に聞く」というのが大事

入社のきっかけと決め手は?

最初は進学を考えていましたが、とにかく「和歌山で仕事がしたい!」という意思が強く、これまで育ててくれた親に早く親孝行したいという気持ちもありましたし、和歌山での就職先を探していました。その時、目に止まったのがユタカ交通の求人で、ホームページを拝見したところ「地域に貢献する事業」とあり、和歌山が好きな私にとってピッタリだと思い応募しました。会社見学に行かせて頂き話を聞いた中で印象に残ったのは「うちは社長がとにかく働く」と聞いた事です。面接は緊張して覚えていませんが、社長の和歌山を良くしたいという思いに感銘を受けた事は覚えています。

実際入社してどうでしたか?

最初の1ヶ月はゆたかグループ内の各部署をまわり、その部署で実際の業務を体験させて頂きました。「絶対に怖い人が1人はいる」と思っていましたが(笑)、本当にみんな優しい人ばかりで丁寧に教えていただきました。グループ内各部署で体験が出来たおかげでほとんど対面することのない部署の方々の名前も今はほぼ覚えることができ、現在の総務の仕事にも活かす事が出来ています。本社では皆さんを支えるべく、総務の仕事(主に従業員さんの保険や給料関係のお仕事)をさせて頂いています。他にも電話・来客対応など様々な業務を行っています。今でこそ多岐に渡って出来ることがありますが、最初の頃は緊張の連続でお茶を出すことすらも儘ならない感じでした。

この仕事でのやりがいは?

最初は見よう見まねでやっていた給料計算ですが自分で深堀りし「考えること」をしていました。数字の中身を詳細に知り腑に落ちた時は「そうだったんだ!これで応用していけばいいんだ!」とスッキリし、同時にやりがいを感じました。また些細な事ではありますが電話などで「いつもありがとう」と言ってくれた時はとても嬉しく、信頼してくれているのだな、と感じると共に「みんながもっと快適に過ごせるように」と気遣い・心配りを意識し取り組んでいます。


社内の雰囲気は?

仕事中はみんなが真剣に仕事取り組んでいますが、休憩中は雑談などオンオフがしっかり分かれています。 休憩中は笑い声が飛び交うなどとてもいい雰囲気だと思います。


今後の目標は?

まずは今やっている業務のペースアップです。やり方を自分なりに考えて余裕をもち、他の業務も出来るようになりたいと思っています。
また、来年入ってくる新入社員にこれまでの経験を伝え、しっかり指導できるようにがんばっていきたいと思っています。総務部は他の部署と一番関わるので、社員の方々が働きやすいようにお手伝いするのが私の役目だと思っています。縁の下の力持ちとしてゆたかグループを支え、サポートできるよう努力していきます。


就活生に一言

最初は不安だらけだと思います。わたしもそうでした。しかし、先輩方が手とり足取り丁寧親切に仕事を教えてくれます。最初は「怖がらず、人に聞く」というのが大事だと思います。正直、私は自分に何が向いているのかわからなかったのですが 、会社が私の長所を見極めてくれて、自分にあった仕事をみつけ導いてくれました。自分に何が向いているかわからないという方でもゆたかグループ内では色々な部署があるので、きっと自分にあった仕事がみつかると思います。

関連記事

ゆたかグループの社員の声をもっと聞く!